アトピーの色素沈着を薄くする方法

アトピーの中でも一番多いのが、色素沈着を消したいというご相談です。

幸いアトピーが良くなった後でも、肌には傷がしばらく残ってしまうので色素沈着は気になりますよね。

アトピーの色素沈着って一生とれないものなのでしょうか・・・?

結論から言いますと、アトピーの炎症が完全になくなった数年後には、新陳代謝が正常に働くようになってくれれば肌の色素沈着は自然と薄くはなっていきます。

やはり早い段階で生活習慣を改善し、新陳代謝の活発な若い人ほどアトピーの症状が落ち着くにつれて色素沈着が消えていくケースは多いですね。

色素沈着を薄くするにはアトピーの炎症をなくさないことには始まりません。そのためにも痒みとなる原因、普段の生活習慣から見直す必要があるのです。

私も脱ステ後の数年は炎症後の色素沈着でかなり悩んできました。特に最初に出てきた手首、首から鎖骨にかけての色素沈着が一番ひどかったのですが、今では普通の肌の色と変わらないほどまでに回復し自分でも驚くほど良くなりました。

ここでは色素沈着をとるために日頃から気をつけておきたい注意点から肌に負担の少ない

 

年齢とともに、またアトピー歴が長くなるほど色素沈着はとれにくくはなるのですが、日頃の食習慣はもちろんのこと定期的に運動やお風呂などで新陳代謝を促し汗をかいていくことで薄くしていくことは可能ですよ。

何と言ってもお肌は常に生まれ変わっていますから。

“超自然派”~色素沈着の取り方~

お風呂の温度

お湯の温度は(37度~39度)、カラダを洗い流すときには洗面器や桶を使います。

シャワーの圧力で、ただでさえバリア機能の低いアトピー肌に刺激をあたえ、色素沈着の原因をつくることになりますから絶対に気を使ってくださいね。

汗をかいてシャワーを使う場合はお湯の温度をぬるめに設定し水圧を弱くするとよいですよ。

また、お風呂では2/3まで入れてお風呂の蓋を半分以上してじわーっと蒸し風呂のようにします。

お湯が冷えにくく汗をかきやすくなります。(お風呂を追い炊きにする場合は熱くなり過ぎないようにします)

私は長風呂が苦手だったので、お風呂では本を読むようにしたらあっという間に時間が過ぎていました。

ちなみに、お風呂は長く入ればよいというものでもなく最初は15分~20分で汗をかきはじめたら体がきつくない程度に早めに切り上げてあがることをおすすめします。

特に夏場は入り過ぎるとのぼせてしまうので、長湯には十分に気をつけこまめに水分補給をしてくださいね。

 

 

脱塩素のすすめ

水道水の塩素は個人差はあるものの、人によってはこれでお肌が悪化することも多いのではないでしょうか。

私は、実家では浄水器の元付タイプのものを購入してとりつけていました。

脱ステ中は普通のお湯よりもまろやかでお肌に優しいと感じましたし、治るスピードもあがって結果よかったと思うのですがやはり浄水器は高価な買い物になるので、簡単に塩素を取り除く方法としてビタミンCを入れる方法があります。

お肌にあえば、amazonでお安く購入できるので、手軽に塩素を抜きたい方にはおすすめです。

ビタミンCは粉末タイプのものでスプーン一杯程度入れればOKです。ビタミンCの粉末はもしかしたら人によっては肌に合わないということもあるかもしれないので、必ずパッチテストや使用感をみて使ってくださいね。

ちなみに元付タイプの浄水器は工事に手間がかかるので、引っ越しの多かった私は今はとりつけておらず、ビタミンCを入れたり手作りの温泉の元、重曹炭酸泉(重曹+クエン酸)にハーブやよもぎを入れたりしてお風呂を楽しんでいます。

 

 

アトピーの方は強い水圧はNGです

体を洗うときは桶でお湯をすくい、基本タオルなどを使わず手で優しく洗いましょう。

どんなに優しい素材のものでも関節や肌の弱い部分はやはり手が一番です。

シャワーの水圧や温度をあげてアトピーの部分にあてていると、そのときは良くてもお風呂あがりには大変なことになります。色素沈着の原因にもなりますね。

シャワーを使い炎症部に強くあてない、できれば洗面器にとってやさしく洗い流すのがベストです。

 

シャワーを使う場合はぬるめの温度で

熱いお湯や強い水圧のシャワーは肌の乾燥を強め、肌表面のバリア機能を弱くしてしまいます。

温度は熱すぎない36~38度のぬるめの温度に設定してください。

刺激や摩擦が色素沈着には一番良くないので、これは知らず知らずのうちに毎日コツコツと肌を痛めつけている行為です。絶対にやめましょう。

私は脱ステ以降シャワーを使うことをやめ、洗面器についでお湯を体にかけるようにしています。

これでお風呂あがりにお肌が乾燥しなくなりお肌もぐんぐん回復しました。

 

洗いすぎに気をつけて

昔は毎日シャンプー、トリートメントを使って髪の毛を洗っていました。

シャンプーの香りも好きだし、美容室でゴシゴシ洗ってもらうのが大好きだったんです・・・。(今も美容室のシャンプーは大好きですが・・)

しかし!!アトピーになってからは、シャンプーやトリートメントで洗えば洗うほど、肌や髪が傷んでいくことに気づきました。(どんなに優しい素材のものもお湯で洗うので注意です)

それからは、汗をかいたらすぐにシャワーで流し、普段は湯シャン(ぬるま湯)で洗うくらいで週末はお気に入りのシャンプー・トリートメントというのが習慣となっています。

これを続けていると嬉しいことに髪の毛が日に日にきれいになっていきました。

皮肉な話ですけど、毎日シャンプーやトリートメントで洗っていたころは髪が傷んでいたのに、シャンプーの頻度を少なくしたとたん髪が綺麗になっていったのです。

その後美容室では必ず髪の毛を褒められるようになりました。

お手入れが行き届いているんですねと言われますが、実はその逆で何にもしていないというのが本音です。

実はこれ、髪の毛だけでなくお肌についても言えます。

昔の私は毎日毎日ボディソープで体を洗う日々。人より肌が薄く敏感なのだから、ますます乾燥肌を助長させていたのです。

アトピーの人は肌がとても繊細なので毎日石鹸で洗うことはオススメしません。今は優しい洗浄剤もあるので、お肌に合っていればよいと思いますが、基本的にはお湯だけで十分ですよ。

 

 

スキンケア

お風呂からあがったらまずバスタオルで体を優しくトントンと軽く抑えるようにふきます。

その後、保湿剤を手にとったら肌に優しくお肌にのせるようにつけていきましょう。

化粧水などをパンパンと叩きつけてつける方がいますが、強くたたいたりして塗っても実は満遍なくぬれていないことが多いです。

また、その刺激で痒みや赤みも強くなり肌にも悪影響ですし、これは色素沈着の原因にもなります。

お肌はとにかく優しく丁寧に扱うがポイントです。

 

お風呂上りはゆっくりと

お風呂あがりはリラックスして水分補給しましょう。

からだが温まって痒みが出てしまった場合は冷タオル(柔らかいガーゼ綿がおすすめ)で炎症部にあてて落ち着かせてあげるとよいです。

お風呂あがりに、暑いからといって扇風機をかけて当たり過ぎるのも肌を乾燥させてしまいます。

扇風機やクーラーなどのかけすぎ、また冷やし過ぎには気をつけてください。

 

麹風呂で美白

麹にはたっぷりと含まれているコウジ酸が、アトピーの色素沈着やシミ、しわに効き、メラニン色素の生成を抑えてくれて、肌のキメを整えてしっとりとさせてくれる効果があります。

麹パック風呂のよいところは小さな傷口に触ったとしてもアトピーの方や肌の弱い方でも刺激がほとんどないところです。(とはいえ必ず肌のパッチテストは必ずしてください)

使い方

ペースト状にした甘酒を直接、肌の表面(あくまでもアトピー症状が落ち着いた箇所)に塗って2~3分放置したら洗い流す。

または、生麹をお茶パックに入れて入浴剤として使う。

お風呂でキレイに洗い流せるので、浴槽を痛めることもありません。

 

米ぬか風呂で美白

昔から洗剤の代わりとしても使用されてきた米ぬか。米ぬかには肌の角質を取り除き、潤いを与え肌のきめをととのえてくれる効能があります。

また、米ぬかにはメラニンを分解させる働きがあるので、米ぬか風呂に入ると透明感のあるお肌へと導いてくれるのです。

我が家は毎日、お米を精米して食べているので新鮮な生の米ぬかを使っています。

 

使い方

①1/2カップほどの米ぬかを布巾でくるみ、中身が出てこないようゴムでしっかりとめてお風呂にいれる

ほんのり乳白色になり、お風呂上りはお肌がしっとりします。

 

アトピーが出ているときには、お肌がとても敏感になっている状態なのでオーガニックのものやどんなに良いと言われているものでも肌に合わない場合があります。

直接お肌に触れるものは必ず、アトピーの炎症が落ち着いている状態でパッチテストをしてください。

 

 

岩盤ヨガで汗をかき代謝を促す

近所にたまたま岩盤ヨガがあったので、長く通っていました。ヨガは妊娠中から取り入れていましたが、岩盤ヨガはとにかく汗をかきます。

基礎代謝があがり、皮膚の細胞分裂をよりスピーディにしてくれるので体力のある方はおすすめです。

岩盤浴はとにかく汗をかくし、普通のヨガよりも正直しんどいです。最初はついていくのに必死できついなーと思っていたのに、そのうちに癖になる気持ちよさがあってずっと続けていました。

運動後の肌の調子の良さは、どんな高級なエステよりも持ちがよいと思いますよ!

ボロボロだった手首や首の炎症の跡もほぼなくなったので汗をかくこと=色素沈着を薄くするといっても過言ではないと思います。

岩盤ヨガでたっぷり汗をかいた後は、ビタミン・ミネラル分も大量に流れてしまうので、ビタミンミネラルの補給・そして良質なたんぱく質をとるなど必要な栄養素が不足しないよう意識して取り入れることが大切です。

 

終わりに

いかがでしたか?

色素沈着は長年の炎症によりできたものなので、すぐに消すというわけにはいきませんが徐々に薄くしていくことは可能です。

特にアトピーの方は元々低体温だったり、血行が悪くなっている方が多いので汗を出し血の巡りをよくすることが大切です。

外側と内側からの正しいケアを積み重ねていくことで、お肌は日々生まれ変わっていくでしょう。