アトピー完治を早める【夏の食事の取り方】

毎日猛暑日が続いていますね。

夏野菜の特徴といえば、カリウムが多くみずみずしい陰性の野菜が大半です。

カリウムには熱を冷まし体にたまった余分な水分を排出する働きがあるので、火照りやすい夏にはクールダウンさせるのにぴったりです。
ただ、現代では猛暑日が続きほとんどの方がクーラーの中で過ごすことも多いことから、生野菜を食べ過ぎると今度は胃腸を冷やし血行不良や低体温、肌の悪化、夏バテなどを引き起こしやすくなるので注意が必要です。
ここでは夏の食事の取り方についてご紹介したいと思います。 

加熱調理を上手く取り入れる

夏は暑いので、調理をするのも億劫になってしまいますね。

しかし、一日の大半を屋内のクーラーの中で過ごす方の場合は、生野菜ばかり食べていたり冷たいものを飲んだりすると体を冷やしてしまいます。

夏野菜のように陰性の強い野菜は、火を通すことで陽性に近づけることができます。

また、加熱により野菜のカサが減り消化も良くなるので、量をたっぷりとることができます。

味噌汁は夏はあっさりめの麦みそや合わせ味噌を使うと食べやすいですね。段々気温が下がってきたら豆味噌など濃いめのお味噌をブックレンドして使うのもおすすめです。

 

味噌で味付けした和風ラタトゥユ。 からだを冷やしずぎず、うま味が凝縮しているのでシンプルでありながらもコクがありとても簡単に作れる定番メニューです。和風のラタトゥユ(細かく切った夏野菜)から作るカレーソース。たっぷり作ったラタトゥユに、クミンパウダーを入れてカレーソースにしました。うちは小学生の娘がいるので子供用にはクミン、ターメリック、コリアンダーなど辛くないスパイス限定にし、大人用にはその日の気分に合わせて数種のスパイスをブレンドさせたものを足しています。これが美味しすぎて、たっぷり作ってもすぐになくなる人気メニューです。ただし香辛料は取り過ぎるとお肌を乾燥させてしまうのでほどほどに。

生野菜には塩をふる

夏といえばカリウムの多い野菜が特徴ですが、自然塩(ナトリウム)をかけることで陰陽のバランスもととのい体を冷やしすぎません。

スイカやトマトを食べるときには塩を。

生野菜に塩をふっておけば、食べる寸前にオイルをかけたり胡麻和えにしたり野菜スープの具にしたりとその日の気分で様々なレシピに早変わりです。

醤油や味噌も使いましょう

こちらは生姜入りもろみ味噌で和えたきゅうり・オクラ・いんげんの和え物を作りました。

きゅうり、オクラ共に【甘味・寒性】の食材ですが、温性であるいんげんとショウガ、味噌と合わせることで温・寒のバランスがとれ夏の疲労回復に効きます。

醤油の和風ドレッシングのサラダです。姜と大根おろしを使った消化酵素たっぷりなのでたんぱく質の付け合わせに最適です。

塩は本物を選ぶ

夏は汗で流れたミネラル分を補うためにも、精製された塩化ナトリウムではなく自然海塩を使うようにしましょう。

料理の味は塩で決まると言ってよいほど、仕上がりに違いがでてきます。

サロンではカンホアの塩、海の精、なずなの塩、ぬちまーすなどの自然海塩を使っています。

塩が美味しいと、シンプルな味付けで野菜の旨味が引き立ちますよ。もちろんその他の醤油や味噌にも自然海塩を使った本物を使いましょう。

薬味を使って血行促進

トマトやなす、じゃがいも、オクラ、モロヘイヤ、ゴーヤなど特に体を冷やす作用が強いため、梅やショウガ、にんにく、しそなどの薬味や味噌・しょう油など体を温める食材と合わせましょう。

にんにくは滋養強壮効果の高い食材ですが熱性で体を温める作用が強く出るため、熱やお肌に炎症が出ている方は控えてください。

また生で食べたり、食べ過ぎてしまうことで胃を荒らしてしまうので一日ひとかけ程度を目安に取り入れるといいですね。

私は夏野菜に葛粉とショウガをほんのり効かせたとろみのある野菜スープをよく作ります。

葛のとろみは胃腸を温め、のど越しもよく食べやすいので、食欲がないときやお腹の調子が良くないときにおすすめです。

一日一回は主食をご飯に

暑い日が続くと、麺類が食べやすくなると思いますが、麺は一日一回にとどめておきその他はなるべくご飯を食べるとお腹の調子も安定します。

夏のご飯は、大麦やハト麦などのやや体を冷やす食材を使ったり、酢飯にしたりすると食べやすくなります。

特に美肌によいとされるハト麦には体内の老廃物や毒素を排泄したり、新陳代謝を促し新生細胞を生み出す作用に優れています。

夏場は分搗き米や白米にハト麦を混ぜると食べやすいです。

梅干しで夏バテ防止

毎日梅干しを食べていますか?

梅干しは一年を通して食べていただきたい食材のひとつですが、特に夏場には大活躍ですね。

梅の高い抗菌作用は夏の食中毒を防ぎ、梅特有の酸味は肝臓を補い、塩漬けされたことによりさらに腎を補い、老廃物や毒素を取り除いてくれます。

胃腸を温め、整腸作用にも優れているので、夏場に冷たいものをつい取り過ぎてお腹がゆるんだとき、下痢気味のときなどにも梅干しをとるとよいですよ。

甘味料や添加物の入った梅干しでは同様の効果は得られませんので、梅と塩のみでつけられた本物の梅干しを召し上がってください。

甘酒で夏バテ防止

甘酒は麹菌の働きにより、消化吸収が良くなっているため効率よくエネルギー吸収できる優れもの。

飲む点滴とも言われるほど、アミノ酸やビタミンB群、ミネラル分が豊富に含まれており、猛暑で食欲のないときには麹菌たっぷりの甘酒スムージーを飲めば元気に過ごせますよ。

上の写真は、黒麹甘酒・豆乳ヨーグルト・デーツを入れたものです。サロンでは黒麹を入れた黒麹甘酒を使っています。

私は、だいたい朝は野菜ジュースか甘酒スムージーが多いです。

朝ごはんはずっとこのスタイルですが、お肌の調子がすこぶるよくアトピーは10年以上症状が出ていません。体調がいいので今も続けている食習慣のひとつですね。

とはいえ、麹や発酵食品さえとっていれば誰でもアトピーが治るということではなく、普段から規則正しい生活と自分の体質に合った発酵食をとって腸内環境を改善していくことが大切です。

 

 

終わりに

暑い日が続くと冷たいものが欲しくなりますが、体を冷やすものばかり食べていると夏バテを起こしやすくなります。

特に肌荒れやアトピーの方にとって、お肌の土台作りに欠かせないのが夏の食のとり方なのだと私は自分の体験からも実感しています。

食事で体の土台作りができたら、秋には適度な運動と睡眠で継続してアトピー完治へと導いていきましょう。