記事一覧

  • 2019-09-24
  • 2020-04-06

からだが若返る【お昼ご飯の取り方】

皆さんはお昼はどのようなものを食べていますか? お昼は忙しくて手軽にパンや麺類で済ますという方もいるかもしれませんね。私の場合、お昼は少し腹持ちのよいものを食べるようにしています。 いつもお菓子に手が出てしまうという方は、お昼ご飯の内容によるところが大きいです。 もし間食でお菓子のダラダラ食べをやめ […]

  • 2019-09-22
  • 2019-10-04

血行促進&免疫力アップ!美肌効果抜群のかぼちゃのポタージュ

今日ご紹介するのはかぼちゃのポタージュです。 かぼちゃは三大抗酸化ビタミンであるビタミンE、βカロテン、ビタミンCがたっぷり。免疫力を高め、感染症を予防し肌を内側から整えてくれます。 夏が旬のかぼちゃですが、冷蔵保存で2か月ほどもつのでこれからの時期は美肌にはもちろんのこと風邪予防にも最適です。 今 […]

  • 2019-09-21

秋の味覚【里芋のモチモチお焼き】

すっかり季節は秋めいてきて根菜の美味しい季節がやってきましたね。 さて、今日ご紹介するのは秋が旬の“里芋のお焼き”です。 里芋は、消化を助け、血行をよくし肌に潤いを与える薬効があるので乾燥の影響を受けやすいこれからの季節にはおすすめの食材です。 カルシウム・抗酸化作用の高いアスタキサンチンを多く含む […]

  • 2019-09-21
  • 2020-05-31

なぜアトピーになるの?【アトピー発症のメカニズム】

アトピー肌荒れ治療において「体質改善」という言葉がよく出てきますよね。 ここでは体質改善のことを掘り下げてみたいと思います。 多くの情報に振り回されなくなり、あなたに最適な改善策が見つかるようになればと心から願っています。   先天的体質と後天的体質 先天的体質はDNAによって決められてい […]

  • 2019-09-17
  • 2020-05-31

なぜ肌荒れが治らない?自己流食事療法の落とし穴とは

自分ではいい食生活をしているつもりでいても、間違った食習慣が定着しているといつまでもお肌は改善されません。 今日はある女性Sさんの例をご紹介いたします。 現在、大学3年生の女子です。最近、肌荒れがひどくなり3ヶ月前から食事に気をつけるようになりました。 病院にも行ったのですが、スキンケアと生活全般に […]

  • 2019-09-14
  • 2019-09-14

アトピーの体質改善は食事から【肌質タイプ別にみる食材の選び方】

こんにちは。 毎日の献立づくりに頭を悩ませてはいませんか? 一口に肌荒れといっても、一人ひとり顔や体の大きさが違うように、肌質も人それぞれですよね。 一般的にこの食材がお肌にいい!と言われるものは多くありますが、そればかり食べていればよいというものでもなく、誰にでも合うというわけではありません。 ま […]

  • 2019-09-12
  • 2019-09-14

アトピー完治のための便秘対策【体質別にみる食材の取り入れ方】

突然ですが、毎朝のお通じスッキリでていますか? 便秘ぎみですっきりしないと一日が何となくモヤモヤしますよね。 便秘はストレスや冷え、運動不足、偏った食生活、小食、水分不足など、原因はさまざまです。 一般的に便秘には食物繊維のたっぷり摂ることが大切だ言われますが、実は誰にでも当てはまるわけではありませ […]

  • 2019-09-05
  • 2019-09-12

アトピー・アレルギーの血液検査はあてにならない?どこまで除去すればよいの?

今日はある女性からmailでメッセージをいただいたのでこちらでもご紹介いたします。 幼少時代からアトピーで悩んでいます。血液検査では米・大豆・卵・乳、その他ほとんどの食材に高いアレルギー反応を示してしまいます。病院では主食であるお米に反応があると言われ、最近はパンやうどんを主食としていますが、一向に […]

  • 2019-09-05
  • 2019-09-12

アトピー完治へ導く睡眠対策!【痒くて眠れないをストップさせる】

アトピー睡眠対策【痒くて眠れないをストップさせるために心がけたいこと】 アトピーを完治させるための必須条件【睡眠】。 皆さんは毎日どれくらい睡眠をとれているでしょうか。 長年アトピーでお悩みの方なら分かると思いますが、夜ベットに入れば強烈な痒みが襲い掛かかり気がつけば朝になってい […]

  • 2019-09-04
  • 2019-09-12

アトピーを治すための【秋の食事の取り方】

9月に入ってから気温も下がり少しずつ秋めいてきました。 秋は日中の温度差が大きく乾いた空気によって肺が乾燥し、くしゃみや咳がでやすくなる季節です。 肺の働きが低下すると皮膚粘膜の抵抗力が衰え、皮膚が赤く熱を帯びたり湿疹が出来やすくなります。乾燥により肺・呼吸器が弱ると肌にもダメージが出てしまうという […]